家庭菜園にお勧め! 二十日大根&パセリ

160509c
このところ、いいお天気であたたかい日が続いています。
雨が続いたり寒かったりでお洗濯ものもたまっていたので、「いまだ!」とばかりに冬ものを干したりお布団を干したり、ついでに日向ぼっこをしたり・・・と楽しんでおります。

お布団を干しに庭に出て気づいたのですが、我が家の庭の植物たちが元気に生長しております。なによりびっくりしたのは、数日前に種をまいたプランターから早くも芽が出ていたことです!
今年は青紫蘇と二十日大根の種を蒔いたのですが(家計に嬉しい家庭菜園です)、今年はじめてチャレンジした二十日大根のプランターのほうがすごいことになっていました。

二十日大根は、その名の通り種まきから収穫まで20日程度という超スピード収穫野菜だというのは聞いておりましたが、「もう?!」という感じです。
しかも、発芽率が半端ない状態で、地面を割る勢いで双葉が密集して生えています。
「誰かこのプランター掘り返した?」っていう状態で、双葉が生える勢いに負けて土が跳ね飛ばされていました。
これは・・・早く間引かないと大変ですね。 (>_<)
ということで、大きめの双葉を残しつつ周囲の双葉を引き抜くのですが・・・
きれいに引き抜けた芽って、なんだかもったいないですよね。
もうちょっと大きかったらカイワレ大根代わりにサラダに散らすのですが、今回のサイズは小さすぎます。
このまま他の鉢に移植すれば、数週間で二十日大根が食べられるわけですが、猫の額ほどの我が家では植えられる場所に限りがあります。
せっかく生えてきた新芽たちも、泣く泣く大部分を捨てることになりました。
こんなに発芽率がいいとは思わず、一袋全部蒔いたのが敗因です。(T_T)

100円ショップの種だったので、発芽率を甘くみていました。
来年からは蒔く種の量を減らそうと思いました。
それにしても、こんなに簡単・たくさん生えてくるなんて、二十日大根って家庭菜園にぴったりのお野菜ですね。

他にも先週買ってきたパセリの苗が食べごろに育ってきていました。
今日の夕ご飯のチャーハンに混ぜ込むために、やわらかそうな黄緑の葉っぱを摘み取りました。
パセリって、ちょこっと料理のいろどりが欲しいときにあると便利なので、我が家の家庭菜園の定番になっています。
スーパーで買おうと思うと、「そんなにいらない!」っていうぐらいの花束みたいな大きな束でしか売ってないんです。
欲しいときに欲しいだけ取れるのが、家庭菜園パセリのいいところです。
ただ、自分で育てるまで知らなかったのですが、パセリって2年草なんですよね。
2年育てると、花が咲いて葉っぱが固くなって枯れちゃうんです。
今のところ種がうまく取れなくて、2年ごとに苗を買わないといけないのがちょっと不経済ですが、それを差し引いても家庭菜園にはお勧めのお野菜だとおもいます。(^^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です