散歩が嫌いな犬が散歩好きになってしまったら?

160519f
同僚の女性が4年程前に退職してしまったのですが、何か月に1度位の頻度でご飯を食べにいったりしていました。
一緒にご飯を食べていた時に、家の娘さんの飼っているワンコが子どもが生まれて、貰い手を探しているという話が出ました。
私の妹は大の犬好きで、以前からそろそろ犬が飼いたいと言っていのを思い出しました。
ただ、子どもが生まれてから20年来は家でペットを飼うという気持ちを失っていたようですが、その話を聞いた時に妹は飛びつきました。

種類はミニチュアピンシャーで親同志は血統書を持っていますが、ブリーダーでもないので、結局ミックス犬での扱いだし雄だけどと言われたのですが、そんな事はどうでもいい事で、大好きな犬が飼えると思うとウキウキするわと言っていました。
妹にも娘がいるのですが、小さい時に猫や犬を飼って欲しいと散々言われたようですが、飼えない理由がありました。
弟にあたる息子が大の動物嫌いで、小型犬が近くによるだけで泣き出してしまうので、余計な神経を使って暮らしたくないとの思いから、ずっと飼ってあげられませんでした。
弟も高校生となり、小さな小型犬が寄ってくる位では泣き出す事はもうありません。
おそらく大型犬ならまっしぐらに逃げ出すでしょうが、ミニチュアピンシャー位なら大丈夫と確信して、段取りを決め引取りを互いの家の中間を選び、初にお目にかかる事となりました。

4匹生まれたうちの1匹をもらう事になっていたのですが、その時は兄弟となる犬が1匹一緒についてきてました。
始めて外を見る感じで怯えたような表情ですが、抱っこするとすぐになついてきました。
予防注射の日や健康状態を確認してさっそく妹の家へ連れて行きました。
生後まだ2ケ月半の子犬は家の中をウロウロしてさっそく粗相をしました。(^_^;)
始めは仕方ないと覚悟してトイレトレーニングを根気よくつづけある程度理解できてきたのは貰われてから10日程だったそうです。

子犬なので、落ち着きがないのは当たり前と解釈していたようですが、本来の性格のようで大人になったからといって落ち着きがある犬ではないようです。
驚くのは小柄なのに身体能力で1m以上の高さからも簡単に飛び降りようとしてしまうし、ジャンプをかなり高い所を目指してするのですが、中には失敗してそのままずるずると落ちてきてしまうので、怪我をしないか非常に心配だと言っていました。
ミニチュアピンシャーの足は非常に細くて関節がはっきりとわかるので、着地に失敗したら骨が折れてしまうのではと思い、座布団やクッションは置いてあるのですが、落ち着きがない性格なので、何気ない時は意識してクッションがある所で着地しているのですが、誰か人が来たなど興奮すると勇んで玄関にいこうとすると、どんな場所でも着地してしまうみたいです。

もう一つの心配は、トイレを家の中でしなくなったそうです。
小型犬だからさほど散歩の時間はいらないのかとも思っていたようですが、散歩が最初は嫌いだったワンコですが、散歩を好きにさせようと家族全員が協力して時間の空いた人間が必ず1日交替で3回から4回程連れ出していたら、いつの間にかトイレは外でするものと思ってしまいったみたいです。
毎日お天気なら問題はないですが、雨の日などレインコートを着せて、人間もワンコのトイレの為にカッパを着てお散歩しています。
妹の家も学生や会社員で日中はお留守番が多いので、朝の散歩から夕方までは散歩に連れて行けない日もあるので、ちゃんとトイレを用意はしてあるのですが、全くトイレの使用がありません。ひどい時にはトイレシートをクッション変わりにして居眠りしていると言っていました。(●>艸<)
今年3才になるワンコで1年程前まではトイレシーツ代も馬鹿にならないねと言っていたのに、今では一銭もかかりません。家計的には助かるようですが、仕事中にトイレ大丈夫かな?などと心配な生活を送っているみたいですよ。
でもかけがえのない家族になっているように見えました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です