趣味の作り置き料理とリメイク料理 (^-^)

160509k
最近の私の趣味は作り置き料理です。
仕事をしているため、帰りが8時近くなるので夕飯を一から作ると時間がかかってしまうというのがきっかけでお休みの日にまとめて作り置きをするようになりました。
休みが平日なので子供を学校に送り出し、洗濯や普段やり切れていない掃除を済ませスーパーに買い物に行きます。
時間を気にせずゆっくりとスーパーで買い物をすることも気晴らしのひとつです。
メニューを考えながらスーパーの中を行ったり来たり、長い時には気づくと一時間くらい経っていることもあります。

家に帰り作るメニューを整理しながら何品か同時進行で料理を始めます。
好きな音楽を聴きながら、途中大好きなビールを飲みゆっくりと料理をするのが幸せな時間です。
なるべく日持ちのするするものを考えながら、時にはネットで作り方を確認しながら作っていきます。
普段は時間がなく作れないもので保存のきくものを作ることで、普段仕事から帰ってきてからの負担も減らすことができます。
仕事をしているとどうしてもレトルト食品や冷凍食品、スーパーのお惣菜に頼りがちになり毎日バランスの良い食事を作ることが難しいのが現実です。
時間のある時に作り置きをすることで子供に健康に良い食事を食べさせることができるだけでなく、食費の節約にもなります。
作り置きおかずがあれば自分のお弁当も手軽に持って出勤できるので、コンビニで余計なものを買うこともありません。
食べ過ぎも防げ、節約にもなる作り置きが趣味になってしまえば楽しんで続けることができます。

同じメニューばかりにならないようにネットや本でレパートリーを増やしながらメニューを考えるのも楽しみのひとつです。
苦手な食材は自分や子供の好きな食材に置き換えたり、自分なりにアレンジしながらの創作料理も可能です。
子供とお休みが一緒の時には、一緒に買い物に行き色々な話をしながら二人で台所に立ちます。
子供はお菓子作りが大好きなので、作り置きおかずと一緒にお菓子を作ることもあります。
やっぱり自分で作った料理はおいしいようで普段はあまり好んで食べないものも、一緒に作ることでたくさん食べてくれます。
また、子供の発想に驚かされることもあります。
料理を作ることに慣れてしまっている自分では思いつかない発想をしたりもします。
歌を歌ったり、学校であった楽しかったこと、嫌だったことなどたくさん話してくれる時間もでき、良いコミュニケーションの時間にもなっています。
普段は時間がなくなかなかゆっくりと子供と話す時間が取れませんが、この時間があることでそんなことも埋めてくれるようです。
一人でゆっくりと作る料理の時間も好きな時間ですが、子供との時間があることで普段の疲れやストレスを癒しまた仕事を頑張ることができるのだと思います。

最近のお気に入りは根野菜の煮物を多めに作り、余った分を和風オムレツや炊き込みご飯にしたり、シチューをグラタンにするリメイク料理です。
同じメニューが何日も続くと飽きてしまうので、一つのメニューだけでなく二品目、三品目のリメイクまで考えて料理をすることが楽しくなってきました。
上手にリメイクしながらおいしく作り置き料理を食べきることができます。
料理のバリエーションを増やすこともでき、食材を無駄にすることもなくなりました。
外食時もなんとなく食べるのではなく、どんな食材が使われているのか、どんな調味料で味付けされているのかを考えながら食べるようになりました。
それを自宅で再現してみるのですが、お店の味に近づけた時はとても嬉しくなります。
料理を作ることが苦痛という方も少なくないと思いますが、作ること以外の楽しみを見つけることで料理の時間が少し楽しくなるかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です