甲状腺機能低下症という怖い病気

160616h
先日会社で飲み会に行った時の話です。
ちょうど健康診断の結果が送られてきたので、体重の話で盛り上がっていました。
女性であれば誰しも体重が増えることに恐怖感を抱きますよね。
1日に1キロ増えるということがあったら、本当にイヤですし、泣きたくもなります。
実はそういう病気があるのですよ。

会社の仕事仲間の話です。
急激な体重増加も症状の1つである、甲状腺機能低下症という病気になってしまったそうです。
甲状腺が上手く働かなくなり、その影響でホルモンの分泌量も減り、代謝が悪くなってしまい、ちょっとの食事でもすぐに体重が増えるそうです。中には1か月で20キロも太ってしまった女性もいるようです。

誰しもが罹患をする可能性がある、甲状腺機能低下症。
体重増加以外にもコレステロール値の上昇であったり、肌の乾燥や髪がパサパサになってしまったり、生理不順や動脈硬化も発症してしまうことがあるそうです。
それでも一番嫌なのが体重増加です。
完治をすることが出来ない病気、上手に付き合っていくしかないと言っていました。
原因は様々ですが、ストレスが大きな原因になっているようです。
適度にストレスを発散させることが、甲状腺にはよいようです。

実際にこの病気が分かった時には凄くショックだったようです。
原因がストレスということを聞いて、症状が出始めたころのことを思い出したそうです。
確かにストレスには敏感に反応をしていたようですね。
その時は仕事でちょっとしたトラブルがあったみたいで。そんな事もあってストレスを感じることも多くなっていたようです。
ストレスって本当に怖いものだと思いました。
完治をさせることができないというのもショックで、おまけに体重増加の恐怖を常に抱えていなければいけませんし、どんなダイエットを行っても効果を得ることが難しくなるそうです。
日中に物凄い眠気に襲われたり、酷い肩こりや頭痛に悩まされることも多く、こういう症状が出た時にはどんなに食事制限をしても無駄で体重は確実に増えていったそうです。
頭痛に悩んで頭痛外来を受診し、偏頭痛という診断だったそうです。
ただの偏頭痛だけではなく、甲状腺が関係していたということもあったなんて驚きです。

それで次回からはストレス発散するための飲み会を開く事が決まりました。
ストレスを発散して少しでも病状が良くなればと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です