NHKスペシャル「キラーストレス」見ましたか?

160707a
NHK番組HPより

NHKで放送されていた「キラーストレス」見ました?
日常的に私たちっていろいろなストレスにさらされていますよね。
ストレス解消にこんなことしたらいいですよ、とか言われると、やってみようかな、なんて思ったりしませんか?
体調がイマイチだったり、何となく気分が落ち込んだりした時、これってストレスのせい?って思うことありますよね。
結構、ストレスっていう言葉には敏感になってるかもしれません…
番組予告を見て、「キラーストレス」って何?と興味をひかれ、2回とも見ました。
ストレスで体調壊したり、鬱になったりすることがあるのは知ってましたが、それが原因で死に至るなんて衝撃的でした。
ストレスが脳や体に及ぼす影響を科学的に分かりやすく説明してしていたので、メカニズムはだいたい理解できました。
さらに、ストレス対策の方法が紹介されていたので、少し安心したところです。

ストレスを感じた時、脳の扁桃体というのが反応して分泌させるのがストレスホルモンだそうです。そんなホルモンがあるなんて知りませんでした。
そして、そのホルモンが身体中で様々な過剰反応を引き起こしているということです。
じゃあ、そのストレスホルモンの分泌を抑えることができればいいんですよね。
ちょっと短絡すぎですが…、あるんです、よかった…!

ストレス対策は5つ、「ストレスの原因を避ける」「運動する」「笑う」「サポートしてもらう」「マインドフルネス」です。

ストレスの原因を避ける」ことは、出来る場合と出来ない場合があるので対策として有効かどうかは疑問ですね??
出来ることなら避けたいですけど…

運動」は、そんなに難しい事をするわけではないので、すぐにでも出来そうです。
少し息があがるぐらいの早歩きかスロージョグなど、有酸素運動をすることで、脳がストレスに過剰反応しないよう変化するというのです。
えっ、そんなことで脳が変化するの?と思ってしまいました。
しかも、30分週3回が目安だそうです。
もっとやれば効果大らしいですけど、このぐらいなら、ちょっと頑張れば出来そうじゃありませんか?

笑う」のが脳や身体にいいという話はよく聞きます。
笑えば免疫力がアップするとか、脳の働きが活発になって認知症の改善も期待できるとか、聞いたことあります。
ストレス解消にはもってこいじゃないですか。
でも、普段そんなに笑ってるかしら?
お笑い番組見て、大笑いした方がいいってことかしら?
そういえば、高齢でも元気な人って、朗らかでにこにこしてる人多いかも…
冗談の一つも言って、楽しくおしゃべりして、ほがらかに笑ってる人…、いかにも健康そうな感じがします。

サポートしてもらう」というのは、相談に乗ってもらったり、場合によっては専門医に診てもらうことでしょうね。
一人で抱え込んでも、なかなか解決できませんから。

マインドフルネス」は初めて聞く言葉で難しそうに思えましたが、説明を聞いていくうちに、これって日本の禅と同じようなもの?と思ってしまいました。
身体の力を抜いて楽な姿勢で座り、自然に呼吸をして余計なことは考えない、今の瞬間だけを感じるようにする…言うのは簡単ですが、実際そうはなかなか出来ない気がします。
でも、やってるうちにだんだん雑念が消えていき、瞑想状態になるそうです。
最初は10~15分ぐらいでやってみたらいいそうですから、試してみようと思います。
一日のうちにこんな時間があってもいいかもしれない…、と思えます。
本当はもっと複雑なプログラムなのかもしれませんね。

他にも、宇宙飛行士が宇宙でのストレス対策に使っている、「コーピング」という方法。
自分でストレス解消に使えそうな気晴らしを考えて、ストレスを感じたらどれが効果的か実行してみるというものです。
ところが、その「気晴らしリスト」なるもの、100も書き出さなくてはいけないんですって…
そんなの無理、とか思いましたが、すごく簡単なものでもいいのです。
どんな小さなことでもOKで、気晴らしになりそうなものをどんどん書き出すのです。
これなら、作れそうですね。
このリストを利用して、ストレスをうまくコントロールしていくそうです。

ストレスぐらい何とか自分で解消して、負けないようにしなくては、なんて思ってましたが、侮ってはいけないと思いました。
ストレスのない生活なんてあり得ませんよね。
自分の脳をストレスに強い脳に変えて、ストレスと上手に付き合っていくしかないんですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です