新入社員の皆さんへ~社会になじめない私から贈る言葉

160413d
新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。
もう入社してまだ間もないと思います。
私の人生経験から学んだ事を新入社員の皆さんへ少しでも役に立てればと思います。
自分のやりたい道に進むことができた人もいると思いますが、思うようにいかず結局拾ってもらった会社にお世話になる人もいると思います。
けど、これからの人生何が起こるか本当にわかりません。
やりたかった仕事が「こんなはずじゃなかった…」という人や、興味ない仕事が「あれ、おもしろいぞ」と感じたり。
この長い社会人生活、何が起こるかわかりません。
今回は、社会人数十年の経験をもつ私が自身の経験を踏まえこれからの生活に少しでもうまくいくようにアドバイス的なことを書いていこうと思います。 (^^)

とりあえず3年という考えはやめましょう

石の上にも三年」とよく言われますよね。
私も正社員で勤務した時は、とりあえず3年はがんばってみようかと思いました。
入って1~2年は仕事の流れを覚えるのに精いっぱいで周りが見えない状態でしたが、3年目になると徐々に回せることもできリーダー的な感じの仕事もやっていました。
しかし、3年を過ぎたころ「先が見えない」と感じたのです。
事務の仕事でしたが毎日毎日同じルーティンワークでその仕事に飽きてしまい惰性で動くようになり毎日嫌々に仕事を回していたと思います。(社会人としては良くないことです。)
結局色々あって5年で仕事を辞めました。
期限を決めてしまうと、その先の目標が見えなくなってしまいやる気がなくなってしまいます。
まずはコツコツ自分の仕事を覚え、一つ一つ目標を立てて行動していけばいいと思います。

嫌な仕事でも積極的に取り組む

「私は広報の仕事がやりたかったのに、なぜ営業なの?成績も上がらないしこんなんやってらんない」っていう人たくさんいると思います。
ほとんどの人が自分が希望していない仕事に属されることだと思います。
でも、ちょっと待って!
仕事の基本的なことはすべて「営業」の仕事だと思います。
広報だって、お客さんにプレゼンするじゃないですか。
それって営業経験が活かせられませんか?
少しでも自分のなりたい仕事につくため、最初は全然違うところに配属されて特訓させられるのです。
そして、自信がついたら目標にしていた仕事に就けるのではないかと思います。焦りは禁物。与えられた仕事をきちんとこなしていけばきっと誰かは認めてくれるます。

お金のためにと考えて働かない

「仕事って何のためにするのでしょうか?」と問われると、ほとんどの人が「生活の為」「お金の為」って答える人が多いと思います。
確かに間違ってはいないのですが、そうしてしまうと何か優しさとか思いやりの気持ちが失ってしまいそうな感じがして、人を蹴落としてしまい嫌な奴になってしまいそうなきがします。
そうではなく「人の為」って考えてみてはどうでしょう。
例えばスーパーで売っている卵、これを作っているとき「この卵がたくさんの人の栄養になっていくんだな」という気持ちを持つのです。
そういう優しい気持ちを持って仕事をすればきっと信頼関係が築けて会社の評判も上がってくると思います。

というわけで、いくつか書いてみましたがいかがでしたか?
私は職は転々としていますが、働いてみて感じたのがいかに自分がこういったことを実践できなかったか我ながら恥ずかしい限りです。(-_-;)
これから長い長い社会人生活、辛いことが多いと思いますが、楽しい日々もあると思います。
一つの会社で頑張る人もいれば、ステップアップのため、また自分の夢を叶えるために転職していく人もいるかと思います。
とにかく、皆さんはこれからの仕事を一生懸命がんばってどんどん社会に貢献していってください。明るい人生に向かって私も応援しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です