真田丸 視聴者の関心は信幸・おこう夫婦の行く末か・・・

160523b
NHK番組HPより

日曜日の8時からのNHK大河ドラマにハマっていま~す。
早めに夕飯を食べて片づけをして、スタンバイOK!!
先日の日曜日も目が離せませんでした。
NHK大河ドラマ「真田丸」は家康が本多忠勝の娘・稲と真田信幸の縁談が決まります。
いわゆる政略結婚というやつですね。

ただ、信幸さんにはすでに正室・おこうがいるわけですから、この後どうなっているのかが視聴者の関心となります。ネットでもおこうさんがどうなるのか、心配する声が多いようです。おこうさんに関する詳しい資料は残っておらず、いつ生まれたのか、いつ死んだのかも不明ということです。つまり、脚本家としてはどう描いてもいいわけです。
これからどう描かれるのか楽しみです。(*^_^*)

実際、池波正太郎先生の「真田太平記」は稲こと小松姫が真田家に嫁ぐ前に亡くなっていることになっているそうです。
しかし、三谷さんは鉢合わせになるほうを選んだということになります。確かにそのほうが話は面白くなりそうです。

おこうさんというのは昌幸さんとお兄さんの娘で信幸さんとは従姉弟同士になるわけです。
おこうさんのほうが年上だったと言われています。

テレビではいつも寝込んだり、咳き込んだり身体が弱いイメージのおこうさんですが、史実では信幸さんの嫡男・信吉さんを産むそうです。

ところで、おこうさんを演じる長野里美さんはとても面白くて、魅力的な女優さんですよね。劇団第三舞台の女優さんで現在は舞台にテレビ、映画等で活躍されています。
やはり、舞台出身の信幸を演じる大泉洋さんとのシーンはまさにコントのように面白いと評判です。
そんな、おこうさんが小松姫の出現で離縁されたらどうしようと心配の声がネット上で広がっていますが、離縁はされずにおこうさんは側室扱いとなるようです。

また、その他、信幸さんには正室、側室合わせて数人いたと言われています。
個人的には、長野さんと吉田羊さんとの絡みがどうなるのか見てみたいと思いますし、おこうと小松姫が仲良くやってほしいなと思っています。

二人で信幸さんをいじっちゃうなんて面白いじゃないですか。
今後、信幸、おこう、小松姫の三角関係がどうなっていくのか、また、信繁と茶々の関係はどうなるのか。
ますます目が離せなくなりますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です