三重賢島で温泉に浸かりマッサージをしてもらいました(*^_^*)

大阪在住の友人がオススメのお風呂を教えてくれました。
友人はフルタイムでお仕事されているので、毎日ヘトヘトで腕も足も腰も痛くて、どこかでゆっくりと癒されたいなと思ってたそうです。
そんな時にちょっと臨時収入があったので、三重県の日帰り温泉まで行ってきたそうです。

rotenfuro
美食の湯泊まり プロヴァンス HPより

三重という土地を選んだのは大阪に住んでいる為にそこが一番行きやすかった事、そしてあまり観光した事がないので色々見てみたいと思ったからです。
昼頃に起きてのんびり準備をして、電車に乗って向かいました。
窓の向こうの景色を眺めながらのんびりと、「何を見ようかな」なんて考えていました。
大体行く所は決めていたのですが、あまり計画的に動くよりは行き当たりばったりが楽しいかなと思ったのです。

お昼過ぎに到着してまず向かったのは、美食の隠れ家プロヴァンスという所です。
ここは賢島にあるので、大阪から賢島まで行ってからタクシーで向かいました。
日帰り温泉が1000円以内で楽しめるようなのでワクワクしながら行きました。
タオルも貸し出しがあったので、着替えだけ持って行けばいいのでとても楽です。
受付を済ませて温泉施設へ行くと、そんなに人がおらずゆっくりと湯を楽しめました。

まずはシルキーバスというマイクロバブルの発生している湯に入りました。
マイクロバブルの効果で本当に肌触りの優しいお湯で、敏感肌で悩んでいる私でもゆっくりと浸かっていられました。
30分もそこにいたでしょうか、湯上り処へ行くとそこも清潔で広く、水分補給をしながら何だかこのまま泊まって帰りたいなんて思っていました。

温泉は出たり入ったりして、1時間半はいたと思います。
それからやっと着替えて、今度は初回お試しほぐし半額コースというシステムがあるようなので、館内のスパ・ソワン・ナチュールへ行きました。
日頃のストレスや筋肉の疲労、浮腫みを全部取り除いてくれるようなマッサージで本当に心地よい時間を過ごしました。
30分コースを受けたのですが、もう本当に毎日でもやってもらいたい位だったのです。

そのマッサージが終るとすっかり日も暮れていて、またタクシーで駅まで戻り帰る事にしました。
行く前は他にも周辺を観光できればと思っていましたが、賢島は車がないとちょっと移動が大変な場所です。
志摩スペイン村等もありましたがそういった所はあまり興味がないので行きませんでした。
お土産も買い忘れてしまったのですが、でも体と心を十分癒せて寛ぐ事が出来ましたし、行って良かったなと思います。

今度行く時は泊まりで、そしてタクシーで観光をしてみようかなと思いました。
温泉は1日入っていても飽きない位好きなのでまた行こうと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です