「おひとりさま」の道に復帰する

160519d
おひとりさま。
この言葉をよく見聞きするようになり、もうだいぶたちますが、最近の私はこの言葉が気になってしかたありません。
というのも、いったい私はおひとりさま行動がどこまでできるんだろう?と考え始めたからなんですね。

思えば結婚前の私はずいぶん「おひとりさま」をやっていたつもりです。
たとえば映画なんかも、ちょっとマニアっぽいものが好きだったから、手近に誘える人がいなかったし、仮に誰かを誘っても「この人この映画を楽しんでいるだろうか?」と気にしながら見るぐらいなら、最初からひとりの方がいいと思うし。
食事もそうですね。仕事の合間のランチなんかは特に時間が勝負だったから、だれかと一緒におしゃべりしながらゆっくり食べるひまなんかなかった。
ぱぱっと済ませて「おなかを満たせばいい」という感じで。

そんな私が結婚してうん十年・・・。
なんとなくいつでもどこでも旦那が一緒というパターンが自然になりました。
もちろん旦那とはいろいろ趣味があうので(だから結婚したんですよね!)映画もコンサートも楽しい。そのあとの食事ももちろん一緒。飲みながら感想を言い合うと盛り上がる。
ああ、一人ではできなかったことだ、としみじみ感動することもあります。が、これでいいのだろうか?と思うことがあります。
というのも、旦那が一緒なのでなんか旦那におまかせ、というか、受け身っぽい感じになってきているんですね。
以前の私なら、「お、これよさそう、面白そう、行ってみたい」と思ったら自分でささっと決めて即行動していたのに、今は「これどうかな?行ってみない?」とまずは相手にたずねてみる。
まあ、だいたいは一緒に行こうということになるわけですが、たまには旦那のほうが都合が悪くて行けないこともある。
単純に「うーん、あんまり興味ない」と言われたり。すると私まで、ま、いいかー行かなくても、となってしまうパターンが出始めました。
いつのまにか一人で行動するのが面倒くさくなっているのかもしれません。(>_<)

もうひとつはやっぱり、寂しいから。
というよりも周りから寂しい人と見られるのが嫌だから、かな。
あとは旦那をほっぽらかして一人であちこち行くことにちょっと罪悪感を覚えたりもします。
向こうは向こうで釣り(私は釣りはしない人)に友達と出かけているんですけどね。
なんか旦那依存症といったら大げさだけど、自分がここまで変わってしまったのかしらと思うといささかショックですね。
なので、この週末は私、おひとりさまをやってみようと思います。
まずは映画を見に行くこと。
まあたまたま旦那が出張でいないというのもあるんですが、とにかく映画館に出かけます。
それから夕食も一人で。
しかもファーストフードやファミリーレストランじゃなくて、ちゃんとしたお店に入る。ちょっと飲んでもいいかな。
いろいろ考えるとワクワクしてきます。
手持無沙汰になるかなあという不安もあるけれど。一人で動けることは大事。
だからおひとりさまをまた「練習」していこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です